入れ歯でお困りの方に

入れ歯でお困りの方に

数本の奥歯を失ってしまった時に、

どのようなかみ合わせの回復方法があるのでしょうか?

通常の場合、保険の入れ歯を使用されることが多いと思います。
このときに、保険で作製したレジン床の義歯でうまく食べることができ、快適であれば、問題ないことだと思います。
 入れ歯を使用することが嫌で、インプラント治療にチャレンジしてみようと考える方にはインプラントという治療法をお勧めすることになると思います。
 しかし、インプラント治療に抵抗がある方や、骨がないため骨の移植を必要とする方、ご病気があるのでインプラント治療が受けれない方の場合どうすればよいでしょうか?

その場合、金属床の義歯や、ノンクラスプデンチャー、マグネットを併用した義歯、コンフォート義歯が選択肢として出てくるのではないかと思います。
私も、保険で作製するレジン床義歯を多く作製しているのですが、何回作製してもうまくいかない、「歯肉に傷がつく」、「うまく噛めない」方がいらっしゃるのも事実です。しまいには、入れ歯がわれてしまい、また作り直さなくてはいけないこともあります。
がんばって入れ歯の調整をしてみるのですが、なかなか結果が出ないというジレンマに陥ることがよくあります。

セミナーでは、義歯を専門にされている歯科医師の先生のお話をお聞きすることができ、金属床の入れ歯や保険外の入れ歯の考えが変わりました。特に、自分が「こういう方の入れ歯は難しいんだよな」と思っているような入れ歯の方への対応、考え方には非常に衝撃を受けました。 金属床の入れ歯の最大のメリットは、入れ歯のたわみが少なく、その使用感は保険で作製されたレジン床とは比べ物にならないという話には、非常に感銘を受けました。

 セミナー受講後、当時、入れ歯で苦戦していた3人の患者様に、そのお話をさせていただき、金属床の入れ歯を作製させていただきました。その結果、幸運なことに全員の方に金属床に満足していただくことができました。その時に、全員の口から出た言葉に僕は驚きました。「こんなにいい入れ歯あるんだったら、もっと早く薦めてくれれば良かったのに・・・・」  非常に恥ずかしい話ですが、このセミナーの受講とこの患者様との出会いがなかったら、金属床の入れ歯の勉強することもなかったと思います。 でも、今では金属床の入れ歯は、入れ歯治療の有力な選択肢であると自信をもって言えます。

入れ歯の作製方法

1. お口の中の歯型をとります

(精密な歯型をとります) 保険外の入れ歯の作製の場合、必須になります。

2. かみあわせの記録をします

3. 入れ歯の形、歯並びの「ずれ」がないか確認します

4. 入れ歯の完成です

次のステップまでに1~2週間の期間が必要です。
入れ歯の完成の目安として1カ月~1.5か月見ておいてください。

歯のない状態によっては、すべてのステップが必要なわけではありません。

入れ歯の種類と特徴

1. レジン床の入れ歯(保険適応)

レジン床の入れ歯(保険適応)

☆プラスティックの素材で大部分ができています。

メリット

  1. 作製費用を抑えることができます。
  2. 歯や入れ歯のトラブルの際に6ヶ月経過していれば新しく作製できます。

デメリット

  1. 義歯の基礎となる床の部分が厚くなりやすく、違和感が大きくなりやすい。
  2. 食事の際に食感や温度感覚が鈍くなりやすい。
  3. 噛むとプラスティックの部分がたわんでカタツキやすい。また、義歯の内面を調整してもたわむため、歯肉の痛みが改善しないことが多い。
  4. 噛む力が強かったり、かみ合わせの関係によっては頻繁に義歯が割れ、修理が必要になったり、再作製が必要になることがあります。

2. 金属床の入れ歯

金属床の入れ歯

メリット

  1. 義歯全体が金属のフレームで補強されています。
  2. 床の部分が金属のため、食事などの際に冷たい、温かいなどの温度感覚がわかりやすく、食事が楽しめるようになります。
  3. 強く噛んでもたわみが少ないため、カタツキにくく、歯肉の痛みがでにくい。

デメリット

  1. 作製費用、期間がかかります。
    (精密に作製するため、作製ステップで確認が必要になります)
  2. 残っている歯にトラブルがあると、修理が難しい場合があります
    (多くの場合、一時的にお預かりして修理する必要があります)

こんな方にオススメ!!
☆ 今までに入れ歯を何回も作ったが、痛くて使えない、すぐに壊れてしまう方
☆ 通常の義歯では、厚みが気になってつけていられない方
☆ 食事の時の、熱い、冷たいなどの食感、味を良くしたい方

  金属床の入れ歯
(保険外治療)
レジン床の入れ歯
(保険で作製可能)
食べ物の冷たい、
熱いの伝わりやすさ

食事の味が良くわかる

清潔に保ちやすさ 金属部分は清潔に保ちやすい
入れ歯の厚み
薄く、細く仕上げれる 強度のため厚みが必要
強度 壊れにくい 割れ、ひび割れが出やすい
歯、歯肉への影響 入れ歯の歪みが少ないので、
歯に優しく、歯肉を痛めにくい
たわむので、歯や歯肉を傷つけることがある
かむ力 たわみが少なく、かむ力が発揮されやすい たわむため、歯肉を圧迫し、かむ力が発揮しにくい

歯ならびに歯肉の状態によっては、金属床の入れ歯をお勧めしない場合があります。
保険の入れ歯を使っているけれども、よくかめない、歯肉に傷ができやすくて困っている。もっと噛める、快適な入れ歯を試したいと思われている方には金属床義歯をお勧めします。

費用

設計にもよりますが、一床 200,000 ~ 250,000円(税別)程度となります。
ご希望があれば、設計ならびに見積もりをお出しします。
 

3. ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

長所

  1. 薄くて軽量、違和感が少ない。
  2. 金属のばねがないため、口を開けたときに目立ちにくい。
  3. 歯のない本数が少ない場合、特にオススメできます。

短所

  1. 噛む力が強い方は、義歯のたわみのため、義歯の安定が得られにくいことが多いです。
  2. 歯のトラブルがあったときに、修正したり、歯を追加することができません。

こんな方にオススメ!!
☆ 食事などの際に、歯肉の痛みが出てしまう方
 
 

4. シリコーン入れ歯(コンフォート)

歯ぐきと接する入れ歯の内面に特殊な柔らかさが持続する生体用シリコーンを貼ることで、
「痛くなく、よく噛める」入れ歯を実現します。
また、吸盤のような作用で歯ぐきに吸着しやすい特徴も持っています。
 
コンフォート

 
こんな方にオススメ!
 
使っている入れ歯が痛い!

柔らかくクッション効果で痛みを軽減

入れ歯と歯ぐきの間に食べ物がはさまる

入れ歯がピタっと密着

入れ歯を使ってしっかりかみたい 

噛む力が2倍になることも? 

 
痛くない

この柔らかいシリコーンを入れ歯の硬いプラスチックの部分に加工して貼り付けます。入れ歯の歯ぐきにかかる圧力を軽減して、噛んだ時の痛みをやわらげます。
 
入れ歯がフィット
お口のなかの形に合わせて作られた特殊なやわらかいシリコーンが生み出す弾力が、吸盤のように作用して、 食事や会話の際に外れにくくなり、入れ歯が安定します。
入れ歯と歯ぐきの間に挟まってしまうような細かい食べ物も、 安心して食べることが可能です。

部分的な入れ歯(歯の残っている方)にも加工可能です。
 
 

 
 

価格

現在お使いの入れ歯のコンフォート加工   150,000円+消費税
新しく入れ歯の作製 +コンフォート加工  250,000円+消費税
コンフォート加工のバイテック グローバルの提供するcomfortシリーズも取り扱っております。 くわしくはこちらをご覧ください
 
ともに、入れ歯安心保障、金属補強込みの費用となります。
精密な歯型をとるステップなどの再診料は別途かかります(目安4,000円+消費税)
 
 

コンフォート義歯のお手入れについて

清潔に使用していただくために、クリネの洗浄が必要です。
クリネの洗浄

3年間の保証をおつけしております。
(通常使用していた場合の歯のトラブル、シリコンが合わなくなった場合の対応です)
但し、条件としてクリネを使用しての洗浄、定期的な義歯、残っている歯のチェックをさせていただいております。
 
入れ歯の相談いたします。
お電話または こちらからお問い合わせください。
くわしくは、 コンフォートサイトをご覧ください。

 
 

5. マグネットを併用した義歯

保存できる歯が残っている場合、歯と義歯にマグネットを装着し、磁力で義歯を安定させます。
歯のない状態にもよりますが、マグネット一つでも義歯の安定を望める場合が多いです。
患者様にオススメしたときに、喜んでいただける方法の一つです。

あくまでも、マグネット装着可能な歯がある場合にのみ可能な治療です。
マグネット装着

費用

1装置 50,000円(税別)
義歯も新たに作製ご希望の場合は、別途作製費がかかります。

作製手順

  1. 歯の型どりをして、マグネットを装着できるようにします。(図の磁性金属を作製)
  2. 歯にマグネットを装着します。
  3. 入れ歯にマグネットを装着し、入れ歯がマグネットで固定できるようにします。

メリット

  1. 残っている歯にやさしい治療で、入れ歯の安定も得られやすい。
    残っている歯の数が少ない場合、入れ歯のばねによって、歯が揺さぶられることが多い。マグネットの場合、入れ歯にある程度の力がかかると、マグネットが外れて、歯への負担を和らげます。
  2. 使用するマグネットの本数により、かたつかない入れ歯にすることができる。

デメリット

  1. マグネットの数が少ないと、十分な維持力が発揮できないことがある。
マグネット装着可能な歯がない場合、インプラントを埋入して、インプラントにマグネットを装着することも可能です。
 

インプラントを用いた入れ歯の作製をご希望の場合、インプラントが埋入可能かどうか、インプラントの本数、配置を考えて治療計画をたてていく必要があります。
インプラント無料カウンセリングを行っております。ご興味のある方はご相談ください。
 
かみ合わせの回復についてカウンセリングを行っております。
お問い合わせ
予防歯科
入れ歯 義歯
かみ合わせ回復
歯周病
愛知県碧南市インプラント
ホワイトニング・審美歯科