歯周病について

歯周病について

歯周病とは

歯周病とは、歯周病菌により引き起こされた炎症により歯を支える骨や歯肉が侵される病気です。
そのため、健康な状態の歯の歯肉や骨の状態と比較してみると、歯肉が腫れていたり、歯を支えている骨が吸収しているのがわかります。

歯周病とは

歯周病は、歯を支える骨がとけてなくなってしまい、進行すると歯を失ってしまいます
 

歯周病には、どれくらいの方がなっているのでしょうか?

日本では、20歳代で約7割、30歳~50歳で約8割、60歳代で約9割といわれています。
そして、歯周病は最も蔓延している病気としてギネスブックにも認定されているのです。
ぜひ、30歳~50歳で約8割の方が歯周病の可能性があることを覚えておいてください。
そして、気になった時には、早めに歯科医院を受診していただき、歯周病のチェックをうけてましょう
 

 
チェックしましょう!
歯周病セルフチェック

歯周病の進行のメカニズム

歯周病の進行のメカニズム

歯周ポケット内で、歯周病を引き起こす細菌同士が繁殖。
細菌同士の協力で、時間とともに病原性を高めます。
 
歯周ポケットに炎症がおきて、出血し(潰瘍形成)、バイオフィルム内の細菌の高病原化が引き起こされます。
 
こうして、炎症が強くなると、歯肉が腫れて、歯を支えている周りの骨が吸収して少なくなり、しまいには、歯がグラグラしてくるのです。

歯周病の検査

1. 歯周ポケット検査

  • 歯周ポケットの深さ、歯肉からの出血、歯の動揺を測定し、
  • 歯周病の進行、活動状態を把握します。

 
2. レントゲン検査

  • 歯を支えている骨の状態を確認します 

 
3. 歯のかぶせ物の状態

  • 磨き残しが残りやすい形態になっていないかチェックします。

 
4. かみあわせのチェック

  • 歯ぎしり、かみしめの際に負担があるところは、 歯周病の症状が進みやすいので、定期的にチェック します。

歯周病治療の目的は?

歯周ポケットからの出血がない状態にして、細菌数のコントロールを図り安定した状態に導くこと
 
歯周病治療の目的
歯周ポケット内の出血がなくなる
歯周ポケット内の潰瘍面の閉鎖、細菌が体内に侵入しなくなります。
 

・ポケット内の細菌叢が健康状態にもどる
・歯周状態も元にもどる
 

歯周病は、歯周ポケットにすむ細菌(よく歯周病菌と呼ばれています)。ならびに細菌を排除するために引き起こされる炎症により引き起こされる病気です。つまり、この細菌の量、活動性をコントロールすることこそ、歯周病の治療、予防となるのです。

歯周病の治療

歯周病の基本治療

  • ★ 歯石、プラーク除去
    • 歯の周りについている歯石を除去します。
    • 歯石を除去し、プラークを除去することで、歯周病菌の数を減らします。
    • 歯石を除去して、歯周ポケット内を洗浄できるようにします。

      歯石を除去して、歯周ポケット内を洗浄できるようにします。

 

  • ★ 歯のお手入れの方法のご相談
    • 患者さまによって、歯磨きの苦手な部位や、磨き残しがある部位は違います。
      効率的にお手入れする方法をお伝えして、ご家庭での歯磨き (セルフケア)を、より良いものとするお手伝いをします。
    • 磨き残しのあるところを、磨けるようにしていきましょう。

      磨き残しのあるところを、磨けるようにしていきましょう。

まずは、歯肉の上(見える部位)についている歯石、汚れを取り除きます。
これにより、歯肉の状態の改善を促します。


歯周病の治療には、歯科衛生士さんの協力がかかせません。
ひろ歯科クリニックには、5人の歯科衛生士が勤務しており、歯周病治療、メインテナンスに取り組んでいます。

基本検査後の再評価

歯周ポケット検査を行い、ポケットの深さの改善や、歯肉からの出血の部位が減少しているか、歯の動揺の改善がえられているか確認します。

歯周病の状態が改善されていれば、定期的なメインテナンスで、良い状態を保つように心がけていきましょう。
(歯周病菌が再増殖するのを防ぎます)

歯周病の症状が残っている部位がある場合、歯周病の治療をさらにすすめていきます。
 

スケーリング・ルートプレーニング


中等度以上に進行した歯周病に対しての治療となります。
スケーリング・ルートプレーニングは器具を歯周ポケットに差しこんで手探りで歯石や汚れを除去します。
歯周ポケット内にある歯石を取り除くことで、歯周病菌の数を減らし、歯周病の改善を期待します。
 
スケーリング・ルートプレーニングで全ての歯石がとれるのでしょうか?
 
 
深い歯周ポケット内の歯石除去には限界があります。
 
歯周病の治療は、 歯周ポケットの深くなる前に行うほうが、歯石の除去もしやすくなり、結果として、歯周病の治療が成功しやすいことがわかります。
このことからも、 歯周病の早期発見、早期治療が大事なことがわかります。
 

歯周外科治療

歯周病の初期治療を行ったにもかかわらず、 歯肉の状態が安定せず、また、深い歯周ポケットの改善が得られない場合、歯周外科治療を行う場合があります。
 
特に、部分的に深い歯周ポケットが残った場合、歯肉の上から器具を入れていくには限界があります。また、目で見て歯肉の中の歯石を完全に取りきるためには、歯周外科治療が有効と考えます。

歯肉を開けて露出している歯根が見えるようにして、歯肉の下にある歯石、肉芽組織を除去します。

積極的に失った骨を再生する効果はありません。
歯石を除去し、感染をコントロールすることを目標としています。
 

歯周組織再生療法 

歯周病で溶けてしまった骨を積極的に再生するように意図して行う歯周外科処置を 歯周組織再生療法 といいます。
 
エムドゲイン

エムドゲイン


スウェーデンの幼弱な豚の歯の芽(歯胚と言います。)から抽出したタンパク質の1種です。
歯面に塗布することで、長期的に骨の再生を促すことが確認されています。
 

 

リグロス(保険適応)


細胞を増やす成長因子で、この成長因子の作用により歯周病で破壊された歯周組織の再生を促進する治療法です。
 
 

手術前に必要なこと

  1. 骨の欠損状態の把握が必要です(レントゲン診査、場合によりCT検査)
  2. 歯磨き、お口のお手入れがきちんとできる
  3. 定期的なメインテナンスが必要であることを理解していただける
  4. 喫煙されている方は、タバコの減量、禁煙が必要となります(手術後の治癒、組織の回復状態に影響します)

 
歯周病の治療を受けていただき、歯周外科の適応と判断させていただいた方にのみご案内させていただいております。また、CTの検査結果によっては、再生療法の適応ではないと判断させていただく場合がございます。
 

メリット

成果が出た場合、歯を支えている骨の増加が確認できます
歯の揺れ、歯肉の腫れが少なく、手術後の不快症状が少ない

デメリット

歯肉を開けて、手術が必要になります
手術後、食事、歯磨きなど気をつける必要があります

 
費用
 

エムドゲイン

保険適応外となります
1部位 52,500円~ 手術の範囲により、費用が変わります

リグロス

保険適応となります

手術の範囲により、費用が変わります

歯周病が全身におよぼす影響

『 歯周病になると、細菌が体内に入ってくる? 』
 
中等度の歯周病になっていると、歯周ポケット内に形成された潰瘍の面積は、
手のひらぐらいのサイズになるといわれています。
ご自分の手のひらに、大きな潰瘍(皮膚がえぐれた状態)があって、細菌が繁殖していたら・・・・ぞっとしますよね?
これが歯周病の状態なのです。そして、 その潰瘍面から細菌が侵入して、どんどん体内に入ってくるのです。
これにより、様々な病気のリスクとなります

これにより、様々な病気のリスクとなります


 
歯周病と全身的な病気の関連性が、最近クローズアップされてきています。
代表的なものを取り上げてみたいと思います。
歯周病のリスク
 
糖尿病

歯周病と糖尿病の関係

1. なぜ、歯周病があると、糖尿病が悪化するのでしょうか?

歯周病の炎症からTNF-αが血中に増える
インスリンの働きが抑えられ高血糖状態に
糖尿病の発症、進行

 

歯周ポケットから出て血流にのった炎症関連の化学物質(TNF-α)は、体のなかで血糖値を下げるインスリンを効きにくくします(インスリン抵抗性)。そのため、糖尿病が発症・進行しやすくなるのです。

 

2. 歯周病と糖尿病の関係で分かっていることは?

  • 糖尿病の人はそうでない人に比べて歯周病になりやすい
  • 糖尿病の人はそうでない人よりも歯周病が重症化しやすい
  • 糖尿病にかかっている期間が長い人ほど、歯周病の罹患率が高い
  • 血糖コントロールがうまくいかない(高血糖状態)人ほど歯周病が重症化しやすい
  • 歯周病が重症化した人ほど血糖コントロールがうまくいかない
  • 歯周病の人はそうでない人に比べて糖尿病の指標であるHbA1Cの値が高い

歯周病は、糖尿病の6番目の合併症ともいわれています。
 

3. 歯周病の治療をすると、糖尿病にどのような影響をあたえるの?

糖尿病の方が歯周病の治療をうけると、3か月後のHbA1Cの値を平均0.38%有意に減少させたという報告があります。
 
つまり、歯周病のコントロールをすることが、糖尿病の治療につながる可能性が高いことをしめしています。もちろん、糖尿病の本来の治療をうけていただいていることが大前提です。

定期的なメインテナンスについて

定期的にメインテナンスを受けることにより再発を早期に発見できたり、維持管理のための意識向上には非常に有効的です。
メンテナンスを受けている患者様 と 、まったく受けない患者様では 歯周病の再発率が大きく変わるともいわれています。

歯周ポケット検査

歯周ポケットの深さ、歯肉からの出血状態で、歯周病の状態を把握します。

歯ブラシ指導

お口の中でも磨きやすいところもあれば、磨き残しやすい部位もあります。
メインテナンスに来ていただいた際に、プラークの付着がある部位があれば、
歯ブラシのあて方や、効果的なお掃除の仕方をアドバイスさせていただきます。
歯ブラシに対する意識の向上という意味でも非常に重要な部分と考えます。

P.M.T.C(プロフェッショナル・トゥース・クリーニング)

専門的な器具を使って行う歯の清掃のことです。 歯石の除去行い、その後に 歯の面をツルツル に磨きます。 歯の表面を ツルツル に磨くことにより 汚れをつきにくくします。 歯がツルツル・ピカピカになることで、お口の中への意識も高まります。

どれくらいの間隔でメインテナンスが必要なのか?

メインテナンスの間隔には個人差があります。
クリニックにおいて一番多いメインテナンスの間隔は、3~4ヶ月です。
これは、歯周病の程度、患者様個人の歯ブラシの程度、全身的な問題等により違います。

  • 磨き残しが比較的多い
  • 歯石がつきやすい
  • 歯肉が腫れることが良くある

といった 歯周病のリスクが高いと思われるお口の状態であれば、定期検査の間隔を短くした方が良いでしょう。



歯周ポケットの変化を、グラフで見ていきます。
歯周ポケットの深さは、歯周病のバロメーターです。

歯周病のセルフチェック
予防歯科
入れ歯 義歯
かみ合わせ回復
歯周病
愛知県碧南市インプラント
ホワイトニング・審美歯科